株式会社シンクタンク

MENU

RECRUIT採用情報

INTERVIEW INTERVIEW

予想通りにいかないことが
あるたび、経験を積んでいく

SERVER ENGINEER
Y.H / 入社11年目

Q1シンクタンクを志望した理由

学生時代の専攻はネットワーク関係。
話しやすい雰囲気に入社を決めた。

新卒で入社したんですが、就職活動をしているときに、シンクタンクに会社訪問できる機会があり、そのとき、同じ学校の先輩が多かった、ってこともあるんですけど、話しやすい雰囲気を感じまして。
Webプログラミングというのも目指していた道でもあったので、環境的にも、事業内容的にも、自分に合っているかと思いました。
学生時代に勉強していたのは主にネットワーク周りなので、分野が若干異なってはいるんですが、近しい内容の勉強もしていましたし、自分はネットワーク機器というところより、プログラミングの方が合っているかな、と思って入社しました。

Q2現在の仕事

サーバーを見つつ、メインはプログラミング。
ユーザーさんに飽きられないよう、開発の日々。

今の仕事のメインはプログラミングですね。プログラム自体はサーバー上で動かすものになっていますので、その関係で、サーバー等も気にしながらプログラミングをしています。現在は後輩もいるので後輩の面倒を見たりもしています。
サーバー関係の方は一度設定してしまえば、基本的にはあまり手をかけずに動くようにはしています。もちろん定期的に見て行かないといけないですし、例えば新規イベントがあったらサーバーの負荷状況は常に把握して、何かおかしいことがあればすぐに対応したりしています。
通常は「戦国いろは」の新しいイベントや新しい機能の開発がメインです。常に新しいものを提供して行かないとユーザーさんも飽きてしまうので。「戦国いろは」では「出陣」という、走って、敵とエンカウントして、戦ってというのがメインコンテンツにもあるんですけれども、期間限定で特別な敵が出て来る、というところをやったりしています。最近では夏をモチーフにしたイベントや隠された財宝を探せ、というイベントです。プログラムは同じでも見た目をリフレッシュして目新しい形で提供することもあるし、イベントによっては全く違うプログラムを組むこともありますね。

Q3入社して成し遂げたこと

初めての
メインプログラマー。
無事リリースした時に
大きな達成感を感じた。

スマホが今ほど普及する前、「三国志戯伝 レグナムトリア」という、主にフィーチャーフォン向けのゲームの開発をしていたのですが、メインのプログラマーとして関わらせていただきました。初めて自分が関わった、大きいプロジェクトということもあり、無事にリリースできたときには、達成感も感じました。初めて直面することも多くて、そこでの経験が今の「戦国いろは」運営に活かせている、という感じです。
うまくいかないこともたくさんありましたし、今でも、できるだけ完璧に予想して対策を打ち、こうなるだろうという予測を立ててプログラミングをやるんですけれども、完全に思い通りにいくっていうことはなかなかなく、そういったことが起こるたびに経験を積んでいっています。

Q4これからの目標

日進月歩の技術をいち早く吸収し続け、
とにかく新しいものを作ってみたい。

新規コンテンツ系の開発に携わりたいなと考えてはいます。とにかく新しいものを作ってみたい。個人的にがんばるっていうことで言いますと、この界隈って日進月歩というか、新技術は常に出てくるものなので、そういったものをいち早く吸収して、役立てられるようにしたいと考えています。新しい技術については、個人的にも情報を収集するのが好きっていうのもありまして、常に追いかけています。

Y.Hのある一日

SCHEDULE OF A DAY
  • 9:30
    出社後、1日の仕事の流れを確認。朝礼の後、この日は18時に新規イベントをリリースするので、その見直し。
  • 13:00
    昼食。外で買ってきて、社内でスタッフとともに。食べに行くこともあります。
  • 14:00
    引き続き、今日リリースするイベントの最終的なチェックと動作の検証。
  • 18:00
    新規イベントのリリース。不具合がないか確認、サーバーの負荷もチェックします。18時の段階でリリースを待っている熱心なユーザーさんが多数います。
  • 19:00
    退社。帰宅後はソーシャルゲームや勉強をすることが多いです。後輩を誘って食べに行くことも。あんまりお酒が飲めなくて、飲みにというより食べに。(笑)
ページトップへ