株式会社シンクタンク

MENU

RECRUIT採用情報

INTERVIEW INTERVIEW

開発環境が整っていて
スキルアップを支援してくれる

PROGRAMMER
T.S / 入社3年目(左) &
K.T / 入社3年目(右)

シンクタンクを志望した理由を教えてください。

シンクタンクを志望した理由

T.S:関西にある、ソーシャルゲームを開発している会社の中から、新人でも挑戦できる、チャンスのあるところを探しました。専門学校もゲームクリエーターの学校だったので、進む先はゲームを作っている会社というのは第一の希望でした。

K.T:僕も同じゲームの専門学校に行っていたので、ゲーム業界に入る、ということをまず念頭に置いていました。その中でできるだけ自分の可能性を広げるっていう意味で、少人数のところの方が色々なことに携われるかな、と。あまり大きすぎないということも考えに入れて探した結果、シンクタンクに行き着いたという感じです。結果的に今いろんなチャンスをもらえています。

業界の中でもこの会社を選んだ理由は?

T.S:純粋にプログラムってことで志望していたけど、もともとからプログラムだけじゃなくて他のこともするよ、って言われていたのがポイントでした。作る上で必要なことって色々あると思うんですけど、それを知るための機会が多いかな、というのが一番大きい。

K.T:僕は挑戦する機会が多いっていうところ。そういった機会は当初からありました。他の、大手コンシューマーの企業だったらやっぱり新人っていうだけで、ものすごい人数がいると思うし、先輩たちの手も回りにくい。頑張る自信はありましたが、挑戦するにも最初の部分でふるいにかけられるんじゃないかな、っていうのがあって。

会社に入ってみて、
イメージしていた通りでしたか?

T.S:僕は学生の時にこの会社にインターンで来ていたんです。入社前に社内の空気はわかってました。

K.T:僕もインターンで来ていました。

T.S:学生の時に、色々な会社が学校に来てプレゼンをしていて。その後のインターンの募集も色々な企業から来ていたんですけど、志望動機で企業を絞った時にシンクタンクに行きたいと。ここの社内の空気を見てみたいなと思って行きました。

シンクタンクの人が
学校に来ていたんですか?

T.S:K.T:来てました。

K.T:そこでのシンクタンクの印象が良かったんです(笑)。

T.S:その場で言われたのが、シンクタンクは自社で開発をしているということ。他の会社だったら、さらに小さい会社にプログラムを任せたり、動作確認やデバッグを任せたりするんですけど、シンクタンクは自社で全てやる、っていうのを説明会で話をしていて。遊んでくれているユーザーさんとの距離が近いんで、そういう意味でもいいなと思いました。

K.T:同じことを感じました(笑)。喋ることなくなっちゃった(笑)。

現在の主な仕事はプログラミング?

T.S:色々なことに携われる機会があるのですが、基本的にはゲームのシステムのプログラミングです。
漠然とものづくりがしたいと思って、色々他の職種を考えましたが、プログラマーだといろんなことができる。限られた世界の中ですけど、プログラミングだったら、ゲーム内の神様になれる。その辺が専門学校で学んでいくうちに面白いなって感じました。

K.T:僕は高校の時、工業系にいたのでちょっとだけプログラミングに触れる機会があって。そこで興味を持って、じゃあ好きなゲームの方向でと考えた結果、専門学校や業界も選びました。プログラムに興味があってそのままプログラマーを目指した、という感じです。

現在のお二人の具体的な
仕事内容は?

T.S:現在、僕はコンテンツの作成とか。あとは新しくリリースする予定のものの開発を行ってます。

K.T:具体的には、最近ではゲームの「戦国いろは」のガチャの作成をしたり。商品管理で、新しく出てくるイベントやキャラクターのいわゆる検証のあたりとか。システムと商品管理を並行してやっているような感じですね。

T.S:僕の方はイベントとかで出るアイテムのシステムの開発をしたり、その動作確認やデバッグとか。そういったことを行ってます。

二人で相談し合うことは?

T.S:K.T:よくあります。

K.T:先輩に聞く場面もあるんですけど。先輩方には聞くほどでもないこととか、先輩には言えないけど相談したいこととかを相談したりしてます(笑)。

変化の激しい業界で、日々の勉強や、
新しい技術を身につけるにはどうしていますか?

K.T:僕は必要なときに必要なものを調べに行くやり方でやることが多いです。今はネットにいろいろ情報があるので。

ただ、ベースになる、元の知識がない時は本や資料を使うことが多いです。本は会社の福利厚生で、必要なものは買ってもらっています。今、社内で新しく挑戦させてもらっている、UNITYを使ったWebGL関係はそうやって学んでます。

T.S:僕も調べる時は基本的に、本であったりネットを使うことが多いんですけど、クリエイターが集まって勉強会をする、っていうのがあったりするので、そういうカンファレンスへの参加は、会社に言えば、お金を出してもらっていつでも自由に行かせてもらえる環境です。

UNITYの開発は、現状の業務にはまだ関係ない部分ではあるんですけど、後々自分たちのキャリアアップになるだろう、ってことで挑戦させてもらっています。開発の環境も整えてもらっています。やりたいという意欲と、どういうものを作りたいかという明確なビジョンがあれば挑戦させてもらえる会社です。

これから身につけていきたいことは何ですか?

K.T:今会社でやってるのがPHP中心で、C#もなんですが、今後は、どちらかと言えばアプリに特化した動きを組めるようになって行きたい。それから、今は教えられっぱなしの立場なんで、教えていけるような立場になりたいです。
仕事で使えるものっていう枠組みは当然あるんですけど、あまり固執しないで技術を広げていきたいです。

T.S:僕はプログラマーとして入ってはいますが、少しプログラミングから離れた部分も挑戦できたらと思ってます。ディレクションに関わる部分とか。

ゲームを作る中でも花形の部分っていうのがあって、プログラミングで言えばメインプログラマーであったり、コンテンツ自体の設計や、それを統括する人であったり。そういった部分の開発に携われるようにステップアップしたい。そういうところにもっと深く入って、こいつ必要やなって思われるようになるのが目標です。

K.T:僕はアクション系が好きで、普段からユーザーとして触っているんですが、こういう風にやったほうが気持ちいいとか、ここが楽しいっていう部分は、自分がよくわかっているからこそ、自分で直接形にできたらなってところがあって。

細かい調整はプログラムが重要になってくるので。そういった直接レスポンスが返って来やすいところに携われるようになりたいというのが一つの目標です。

T.Sのある一日

SCHEDULE OF A DAY
  • 9:00
    通勤電車では、業界の動向をスマホでチェックしています。
  • 9:50
    出社。10時の朝礼後、自分が担当している作業の進捗を上司に報告し、今日の業務の確認をします。その後プログラミング。
  • 13:00
    先輩と一緒に外でお昼。基本的に先輩が誰か誘ってくれることが多いです。
  • 14:00
    午前にひき続き、開発。UNITYの勉強をする日も。
  • 19:00
    退社。帰宅後夕食。自社のゲームをしたり、アプリゲームのランキングで上位のものはダウンロードしてみたりします。

K.Tのある一日

SCHEDULE OF A DAY
  • 9:30
    通勤中は自社や他社のゲームを巡回するのが日課です。朝がチェックしやすいので。
  • 9:50
    出社。10時から朝礼。今日の業務の確認。懸念事項やスケジュールに無理がないかも、この時相談できます。その後プログラミング。
  • 13:00
    近所のスーパーでお弁当を買って来てランチ。外で食べることもあります。
  • 14:00
    プログラミング。日によっては社内会議に参加することもあります。
  • 19:00
    退社。帰りの電車もゲーム。家に帰ってからもゲーム。全くやらない日はないです。(笑)
ページトップへ